ins

AIで静止画解析を自動化

密度解析通過人数計数画像検品事故画像解析検温

Arithmer株式会社では、高度AI画像解析技術を応用して、静止画像からの物体識別、位置特定、固有情報の高精度な取得を実現します。
従来、人の目で静止画から情報を取得し判断していた検査などの業務は、ArithmerInspectionを使用することで飛躍的に効率化、高精度化することが可能です。
たとえば、保険業界では自動車の事故画像から損傷部位や損傷の程度を瞬時に判定する機能を開発、迅速な保険金の支払いに適用することができます。
また ArithmerInspection は、インターネット、工場の生産ライン、フードプロテクションなど、様々な環境から得られる大量の画像資産の有効活用を可能にし、コスト削減や生産性の向上に繋げています。
オンプレ・クラウドにとどまらず、iOS・Androidアプリケーションへの導入も可能です。お客様の大切な画像資産を有効活用し、お客様と共に新しいソリューションを作り上げていきます。

ArithmerInspectionサービス紹介

密度解析

人の動きや密集度を計測しヒートマップで視覚化することが可能です。イベントや人の流れが多い場所、密集度が多い場所のデータを取ることが可能です。

通過人数計数

360°カメラを利用して、基準線をベースに入場者数をカウントし混雑具合を判断できます。人物の同定しての判定や年齢や性別といった属性情報を取得することもできます。

画像検品

熟練検品者の継承問題を解決し、検品の重労働から解放します。工業製品だけでなく、食品なども検品できます。

事故画像解析

交通事故時の車の損傷度を画像解析によって判定し、迅速な保険料支払いに貢献します。

検温

非接触で体温を推定します。高体温者と判定された場合に管理者に通知できます。通過人数計数などと組み合わせてシステム化が可能です。

損傷箇所AI検知システム

Arithmer株式会社では、高度AI画像解析技術を応用して、静止画像からの物体識別、位置特定、固有情報の高精度な取得を行います。
当社の損傷箇所検知システムは、保険業界・シェアリング業界にて導入検討が進んでおり、AI画像解析により損傷箇所の検知、損傷度判定を実現します。

  1. 損傷箇所・損傷度を正確に算出し、修理見積にかかる人件費を低減します。
  2. 画像AI解析による客観性/統一性の高い損傷度判定を実現し、属人化を排します。
  3. 保険金支払いまでの工程の短縮化を実現します。シェア対象物の使用前後の検査により損傷発生タイミングを把握します。

Case study

三井住友海上 × Arithmer

【三井住友海上様】事故画像AI解析

自動車事故の損害をAIで瞬時に判定するシステムで、AIが事前に学習した50万件の事故画像をもとに実際の損害を判定し、どの部品がどの程度損傷しているかを瞬時に導き出す。部品の交換が必要かなどがわかり、30日かかっていた保険金支払額の確定の日数を約3日間に短縮できる。

画像AI検品システム

従来、人の目で静止画から情報を取得し判断していた検査などの業務は、ArithmerInspectionを使用することで、飛躍的に効率化、高精度化することが可能です。
検品作業の効率化と精度向上を支援し、検品ミスによる誤出荷/手戻りなどの問題を解決します。

  1. 検品・検査作業の自動化による労働力不足解消。
  2. 検品・検査作業の自動化による検品者の労働条件の改善。
  3. 外部環境や撮影条件にロバストな 高精度検品システムの提供。

ArithmerInspection関連ニュース