高度AI技術に基づいた動画解析

衛生度判定空間測定転倒検知過失度割合判定運転支援

高度AI動画解析技術に基づいた ArithmerDynamics では、動画中の物体識別、位置特定、人物検出、動作解析、詳細情報の取得などを容易にし、さらにはピクセル数値のゆらぎを解析することで、動画中の空気の流れすら特定することができます。
たとえば、自動車などの分野では、車載動画を自動監視することで、安全運転を呼びかけるサポートや、先進運転支援(ADAS)を可能にします。
さらに、製造業では製造工程におけるダイナミックな不良検知、インフラ分野ではカメラを通じた現場監視の自動化技術、その他あらゆる現場のオペレーションをサポートします。
ArithmerDynamics では、従来目視で行ってきた動画解析の自動化を実現するだけでなく、あらゆるメディアの動画を解析することで、ユーザに適切な行動をサジェスト、広告や業務管理と最適化など、様々な分野への応用を期待できます。
もちろん、オンプレ・クラウドでの導入にとどまらず、iOS、Androidアプリケーションとしても動作が可能です。

ArithmerDynamicsサービス紹介

衛生度判定

バイキングや食事の際に人がどこに触れたのかをヒートマップで表現します。清掃度合いもあわせて表現するので、どの程度の衛生度かを判断できます。

空間測定

スマートフォンを利用して天井までの大まかな高さを簡単に測定することができます。メジャーなどで直接測定すること無く、空間測定が可能です。

転倒検知

直接介護できない高齢者などをリモートでモニタリングし、転倒などの重大事象を検知することができます。

過失度割合判定

交通事故時のドラレコ等の情報から、相手車挙動の逆追跡などを行うことにより、両者の過失の割合判定します。

運転支援

前方や左後方などの人や車などをリアルタイムに検知するとともに検知した事象からオリジナルの統計情報やハザードマップを構築し、事故抑制に貢献します。

運転支援AIシステム

ArithmerDynamicsの「運転支援AIシステム」は高度数学を駆使したAIを使って、運転手の安心・安全をサポートします。ドライブレコーダやスマートフォンなど環境に応じた支援システムで事故の危険性を最小限に抑えることが可能です。

ドライブレコーダやスマートフォンによる 安全運転サポート
動画から信号無視や一時停止無視といった危険運転、車間距離といった不適切な運転を検知して、リアルタイムで警告することができます。
将来的な事故減少に向けたサポート
運転支援をしながら、情報をデータベース化することで、運転手の特性に応じたシステムや教材にすることができます。

Case study

三井住友海上×Arithmer

検知率約90%、誤検知率約2%を実現

赤信号、一時停止違反検知をスマホ動画像のみで 実現。損保向け、大型車両向け等多方面展開している。

時空間検知AIシステム

ArithmerDynamicsの「時空間検知AIシステム」は高度数学を駆使したAIを使って、日常的な動画から時間と空間を解析し、必要な情報取得をサポートします。監視カメラやスマートフォン動画など様々な環境に対応したシステムで新たな可能性を見出します。

時空間解析により現状分析と未来推定を実現
物体検知、時系列解析、3次元解析を組み合わせることで、動画情報から高精度な現状分析と未来推定を実現。
高度数学とAIの組み合わせによる分析を確立
説明可能な分析手法とAIを両立させることにより、高精度を保ちつつ計算コストの削減、モデルの簡易化、解析結果の納得性を向上。

ArithmerDynamics関連ニュース