ArithCheck画像検品パッケージ

検品作業でこんなお悩みありませんか?

検品員による目視検査にばらつきがある

検品による目視作業は作業員の違いや同一作業員でも疲労などで検品の品質にばらつきがある

熟練者に頼り、後継者が育っていない

熟練者に頼った作業になっている。また、人材不足、少子高齢化により後継者が育っていない。

セキュリティーポリシーによりデータを外部に出せない

情報を外部に出してはいけないため、アウトソーシングできない。

ArithCheck画像検品パッケージの導入で検品作業の効率化と精度向上を支援します。

自動車部品などの工業部品

ダイキャスト部品の鋳巣・割れ・歪み・溶接不良を検知します。

家電などの日用品向け部品

成型部品の欠け・ヒビ・キズを検知します。

食料品

パッケージ製品のキズ、プリント不良、形状不良を検知します。

ArithCheck画像検品パッケージの導入

専用AIモデルが生成できます。

  1. 1クリックでお客様専用の画像検品AIモデルを生成
  2. 生成したモデルはシステムへの組み込みが簡単
  3. データを変えて何度でも生成可能

※あらかじめ撮影環境が必要です。新規に構築する場合は別途ご相談ください。

ArithCheck画像検品パッケージ仕様

  1. CPUでも現実的な時間で学習完了
  2. 短時間学習と精度を両立
  3. データ提供は不要

[AIモデル生成時間目安]
約40秒(GPU)、約7分(CPU)
正常画像280枚、異常画像30枚

[判定時間目安]
数10枚/秒(GPU)、数枚/秒(CPU)

[動作環境]
Windows10(64bit)

ArithCheck製品紹介動画

導入について

下記からお気軽にお問い合わせ下さい。