Arithmer is a company that applies mathematics to solve social challenges. The company name “Arithmer” derives from the word “Arithmetic”, a mathematical word used to describe the study of numbers. 

Arithmerは、数学で社会課題を解決する会社です。Arithmerという社名は、算術、数学という意味のArithmeticから名付けました。

 

It is believed that mathematics is a study that captures the truth or essence of matter. Galileo once said, “The universe is written in the language of mathematics.” Einstein pondered, “How is it possible that mathematics, a product of human thought that is independent of experience, fit so excellently with the objects of reality?”

数学は物事の本質を捉える学問であると言われます。ガリレオは「世界は数学のことばで書かれている」、アインシュタインは「数学は、経験とは無関係な思考の産物なのに、なぜ物理的実在の対象物に、これほどうまく適合するのか?」と言いました。

 

We believe the beauty and simplicity of mathematics can make the world a better place. Throughout history, we have witnessed transitions in society through the evolving ideas of mathematicians, scientists, and engineers. Today, our research in modern mathematics and AI systems provides new solutions solving social challenges.

数学は簡潔にして美しく、世界を変える力を持っています。これまでの数学者、科学者、技術者達も、それを証明してきました。そして今、私達は現代数学を応用して、様々な社会課題を解決するため、新しい高度AIシステムを導入しています。

 

The recent development in AI systems is not limited to the benefits seen in work efficiency and automation. It also leads to further progress in highly specialized technologies and techniques beyond human skills. As a result of our research and development activities, we have produced technologies which include disaster control, accident prevention and medical treatment for a safer and more secure society and environment.

この高度AIシステムは、単なる業務効率化や自動化だけにはとどまらず、継承が難しい高度な専門技術や、人間の手では実現不可能な技術の実装も可能です。その結果として、災害対策や交通事故防止などの安全安心な社会システムの実現、画期的な薬の開発など、人、社会や環境への貢献につながる応用技術を産み出しています。

 

Mathematics is the foundation of all sciences and technologies. The unrestricted field of mathematics is an incredibly effective tool for describing core issues in society. In the business world, work that cannot be standardized will be at great risk in the future. However, most of this risk can be reduced to mathematically computable algorithms that are handled by computers and AI.

数学はあらゆる科学技術の基礎となっています。特にその数学のもつ自由な世界感が、様々な現象の本質を記述する上でも、非常に強力なツールとなります。ビジネスにおいて、属人的な作業は将来大きなリスクとなりえますが、そのほとんどが数学的に計算可能な現象に還元され、計算機、AIで記述可能となるのです。

 

Capturing the essence of matter and phenomena starts with analyzing observational data. This first step is crucial. It is the data which dictates the model to use for the analysis. A change in the observed data will change the model and greatly affect the result of the analysis. 

物事や現象の本質をとらえるには、観測データを解析する事から始まります。このステップが決定的に重要です。なぜなら、この解析結果によって、仮定するモデルも変わってきますし、最終結果も大きく左右する事になるからです。

 

Furthermore, the observational data which expresses the essence of data, can take on a variety of forms when viewed from diverse angles. In other words, observational data is about quality and balance, not just the quantity of data. We need to identify the attributes that best express the true nature of the matter. 

そして、本質を表現しているであろう観測データは、様々な角度から観ることにより、多種多様な表現形をとって姿を表します。つまり、観測データとは、質とバランスが重要で、データ量が多ければよいというものではありません。本質を最もよく表現している属性を見極める必要があるのです。

 

For example, human movement is represented through data inputs of time and space. By collecting data with higher density and accuracy, it becomes possible to reproduce highly accurate human movements. In other words, we are getting closer and closer to reproducing human movements through AI. 

例えば、人の動きは時間と空間のビッグデータとして表現することができます。それらの時空間データを高密度かつ高精度に取得することで、人の動きを限りなく正確に再現することができます。すなわち、AIによって人の動きを再現することも可能となります。

 

With AI the precise analysis of spatial and temporal data will enable the detection of implicit knowledge that lies behind human movements. The process of discovering implicit knowledge will contribute to AI’s ability to outperform operations by highly skilled humans.

取得した時空間ビッグデータを詳細に解析することで、人の動きの奥底に潜む「暗黙知」を発見することも可能です。その暗黙知を学習し、パターン化・最適化することで、熟練者を凌ぐ能力をAIが発揮しています。

 

Currently a new era is underway, where AI with intelligent minds and clear sights bring great innovations to existing business systems. AI is about to become the world’s main business infrastructure.

今、聡明な頭脳と精緻な目を持ったAIが、既存のビジネス体系に大きな革新をもたらす、新しい時代が到来しつつあります。AIが世界のビジネスインフラとなろうとしているのです。

 

However, while AI can work accurately and efficiently for long hours, AI cannot set up its own framework. AI moves as brains and arms under a framework set by humans. Setting the framework will remain the role of mankind. 

ただ、このAIは正確でかつ効率的に長時間の作業を行うことはできますが、仕事全体の枠組みを自ら設定することはできません。AIは人が設定する枠の中で頭脳や手足となって動くのであり、その枠組みを設定するのはあくまでも人間の役割です。

 

The first Japanese Nobel laureate Dr. Hideki Yukawa refers to poetry and science to describe the following: 

湯川秀樹先生は、詩と科学を例にして、このように言われています

 

 

“Poetry and science are distant and yet close. They seem close and yet so far away. 

「詩と科学、遠いようで近い。近いようで遠い。どうして遠いと思うのか。

 

Science is like a strict and demanding teacher. You cannot make irresponsible replies. It requires intricate and careful experiments. Learning difficult mathematical ideas is mandatory. 

科学はきびしい先生のようだ。いいかげんな返事はできない。こみいった実験をたんねんにやらねばならぬ。むつかしい数学も勉強しなければならぬ。

 

Poetry is the kindhearted mother. No matter what you say, most of the times she listens. Poetry includes all the beautiful flowers in the world. It may also be a delicious fruit. 

詩はやさしいお母さんだ。どんな勝手なことをいっても、たいていは聞いて下さる。詩の世界にはどんな美しい花でもある。おいしい果物でもある。

 

Yet they seem somewhat close. This is because they share the same beginning. Both started from the observation of nature. There is no great difference between the desire to smell the scent of a rose, admire its beauty, and recognizing its shape. 

しかし、何だか近いようにも思われる。どうしてだろうか。出発点が同じだからだ。どちらも自然を見ること聞くことからはじまる。薔薇の花の香をかぎ、その美しさをたたえる気持ちと、花の形状をしらべようとする気持の間には、大きな隔たりはない。

 

. . . (I)n any case, not only does poetry and science originate from the very same place, they are bound to reach the same destination. 

(中略)

いずれにしても、詩と科学とは同じ所から出発したばかりではなく、行きつく先も同じなのではなかろうか。

 

Perhaps the reason why they seem so far away is because we focus too much on the path way.”

そしてそれが遠くはなれているように思われるのは、途中の道筋だけに目をつけるからではなかろうか。」

 

湯川秀樹 『詩と科学』

Poetry and Science: Hideki Yukawa 

 

 

At Arithmer we believe it is our job to apply mathematics and science to solve social challenges, leading to hope for a brighter future. 

数学、科学をいかに応用して、社会課題を解決するのか、そしてHope(希望)へとつなげるのか、それを考えるのが私たちの仕事です。

 

We will continue to apply modern mathematics to create new technologies that are yet to be developed, while keeping in mind the combined motives of poetry and science.

私たちは、詩と科学、ふたつの気持ちを忘れずに、現代数学を応用して、まだない新しい技術を創造してゆきます。

 

 

Yoshihiro Ohta

President, Chief Executive Officer
Arithmer Inc. 

Arithmer株式会社

代表取締役社長兼CEO

大田 佳宏